湯の山温泉お疲れ休み
2012.7.28

2012.7.28(土)日頃の疲れを癒やすため、
湯の山温泉サマーライナー乗車ついでに湯の山温泉に出撃した。
初めての湯の山温泉。温かで気持ちの良いお湯を堪能した。


yunoyama 旅の始まりは白子駅。この駅から湯の山温泉駅までの特急料金は1コイン(500円)です。2本の特急に乗車かつ500円以内に抑えるため、当駅から 乗車します。
yunoyama 9:57分発名古屋ゆき特急で近鉄四日市駅へ。
yunoyama 我々が乗車するのは22600系Ace。2009年3月にデビューした近鉄特急のニューフェイスです。
yunoyama とても快適な車内です。座席もいい色合いでふかふかです。
yunoyama フットレストやAC電源も標準装備です。
yunoyama テーブルも広く、快適です。けいおんのオリジナルフィギュア欲しさに買ったおーいお茶濃い味とともに。
yunoyama 近鉄四日市駅に到着です。ここで湯の山線に乗り換えます。
yunoyama 名古屋から来た湯の山温泉サマーライナーはここ近鉄四日市駅で方向転換します。折り返し時間は撮影大会に…。そのなかで 湯の山温泉の行き先表示と。10:28分に発車しました。
yunoyama 車内で配布された生茶と記念乗車証。この乗車証で各種特典が受けられます。やっぱり机が広いですね。
yunoyama 車内はほぼ満席。大人気列車です。
yunoyama 10:46分、湯の山温泉駅に到着です。
yunoyama 特急 湯の山温泉の表示と。
yunoyama しばらくして、定期列車が入線しました。
yunoyama 湯の山温泉駅駅舎と。いつ見てもいい感じの駅舎ですね。
yunoyama しばらく駅前をぶらぶらしていると定期列車が入線。京都線からの移籍車1010系です。定期列車は1番線に入線し、湯の 山温泉サマーライナーは到着後、夕方の出発まで2番線に留置されています。
yunoyama 乗車特典の無料日帰り温泉は新湯の山温泉グリーンホテルにて楽しみます。
yunoyama 大露天風呂・大浴場がありとても気持ちよかったです。
yunoyama 風呂上がりに湯の山温泉女将の会「きらら」プロデュースのアイスクリーム「うめのアイス」を。ゆったりと落ち着いたロ ビーでいただきます。
yunoyama うっそうとした、でも気持ちのいい森の中の道を散策。
湯の山温泉駅へ向かいます。
yunoyama 川を渡ります。気持ちいいですねぇ。
yunoyama こんな絶景にも出会えます。
yunoyama 帰りの列車まで時間があったので撮影。
yunoyama 太陽がギンギンに照りつける暑い日です。Aceの屋根が照り返しで白く写ってしまいました。
yunoyama T15が終日湯の山線運用に入っていたようです。この列車に乗って近鉄四日市駅へ。
yunoyama 四日市駅で5200系の松阪ゆき急行に乗り換え。四日市から普通に乗ればいいのですが、未更新の5200系が来たのでわざわざ乗車。その後塩浜で普通に乗り換え帰宅しました。

ページトップへもどります


ryoko
津々浦々旅行記トップへ戻ります。