お伊勢さん ご参宮の旅
2014.8.4

2014.8.4(月)管理人と芳佳ちゃんはご遷宮をおえたお伊勢さんへ初めての参宮へ向かった。
お伊勢さんの荘厳かつ凛とした雰囲気に姿勢をただし、参道の光景、さらには伊勢グルメも楽しんだ。

ise
旅の始まりは山田線、急行列車車内。大阪からやってきた5200系使用の宇治山田行き急行です。伊勢中川から乗車。
ise
伊勢市駅にとうちゃーく。こちらの駅はJR東海との共同使用駅です。伊勢神宮(正式名称は”神宮”。三重県民は親しみを込めて”お伊勢さん”と呼びます)外宮の最寄り駅です。
ise
2017年には”神都いせ菓子博”なるものが開催されるそうです。
ise
伊勢市駅のJR側駅舎です。式年遷宮を機に和風の立派な駅舎が建ちました。
ise駅の前から参道が続いています。大鳥居をくぐって参道へ。
ise こちらがお伊勢さんの外宮参道。両岸にお土産屋さんや飲食店、旅館が軒を連ねます。
ise
有名な山田旅館の前を通って
ise
到着しました。外宮さん、いいえ、神宮の外宮です。
ise
大鳥居を通って…
ise
式年遷宮の終わった外宮さんです。
ise
こちらが外宮さんの神殿です。前からの写真撮影はできないので斜めから。今日もたくさんの参拝者であふれています。
ise
外宮さんから徒歩で宇治山田駅へ。本日はここで昼食です。小説、「半分の月が上る空」の聖地、まんぷく食堂!。いただくのはもちろんからあげ丼です。とてもおいしかった~
ise
宇治山田駅から内宮さんまでは三重交通バスに乗車します。ここでは三重交通では珍しい、乗車券を買うこともできます。大きなターミナルにしかない三重交通のバス乗車券です。
ise
三重交通バス車内にて。バスは宇治山田駅を出ると五十鈴川駅などを経由して内宮さんへ向かいます。実に観光地路線という感じです。他の生活路線とは趣が異なっています。
ise
その後、大鳥居と宇治橋を渡り
ise
五十鈴川のほとりへ。ここで手を清める人も多くいるそうです。とても涼しい風と、さわやかな音、そしてすがすがしさを運ぶ清流です。
ise
そしていよいよ内宮さんへ。写真撮影は階段の下から。気持ちが引き締まる瞬間です。気持ちを新たに参拝です。
ise
参拝を完了した我々はその後、おかげ横丁、おはらい町へ。赤福氷をいただきました。暑い夏に冷たく甘い赤福氷を食べられるのは最高の贅沢です。
ise
お伊勢さんを後にし、CANバスで宇治山田駅へ。CANバスの座席もケットには伊勢・鳥羽の名所が描かれています。
ise
そして、宇治山田駅コンコースです。たまたま人のいない時に撮影。2番ホームへ向かいます。
ise
2番ホームにて。大阪上本町ゆき快速急行と。この列車に乗車して伊勢中川へ。その後はいつものルートで帰宅しました。

ページトップへもどります


ryoko
津々浦々旅行記トップへ戻ります。